ホーム > EX工法 > EX工法【Q&A】

EX工法【Q&A】

EX工法 Q&A

Q1. EX工法の名前の意味は?

A1. 英語で、「拡張させる」という意味の「Expand」(エクスパンド)の略です。

Q2. 適用管種は?

A2. 鉄筋コンクリート管、陶管、鋳鉄管、鋼管

Q3. 対象口径、延長は?

A3. 

自立管 二層構造管 取付管
φ150 40m
φ200 65m
φ250 100m
φ300 85m
φ350 65m
φ400 50m
φ150 55m
φ200~300 100m
φ350~600 65m
φ100~200 14m

Q4. 施工可能既設管状況は?

A4.

本管 ① 屈曲角 10°以下の継手部
② 段差部と横ずれ25mm 以下の継手部
③ 隙間50mm 以下の継手部
④ 50 mm 以下の部分滞留水
⑤ 管頂部からの 0.05 MPa,0.5 ℓ/min 以下の浸入水
⑥ 管頂部からの 0.05 MPa,0.5 ℓ/ min 超の浸入水を 0.5 ℓ/min 以下に止水処理後
取付管 ① 施工延長14m 以下(呼び径 100~200)
② 屈曲角45°以下の継手部が2 箇所以内
③ 段差部と横ずれ20mm 以下の継手部
④ 管頂部からの 0.05 MPa,0.5 ℓ/min 以下の浸入水
⑤ 管頂部からの 0.05 MPa,0.5 ℓ/ min 超の浸入水を 0.5 ℓ/min 以下に止水処理後

Q5. 施工後の品質は?

A5. 熱可塑性樹脂(硬質塩化ビニル樹脂)を使用した工法のため,施工現場で樹脂の化学反応が不要です。そのため,工場品質をそのまま施工現場で再現できます。なお、EX工法の使用材料は公益社団法人日本下水道協会の製造工場認定を受けた工場で生産しています。

Q6. 耐震性は?

A6. 地震が発生した際に想定される既設管継手部の変位にEXパイプが伸びることで追従することを公的機関立会の下、実験を行い確認しています。

Q7. 耐薬品性は?

A7. 下水道硬質塩化ビニル管と同等以上の耐薬品性を有しています。

Q8. 耐摩耗性は?

A8. 下水道硬質塩化ビニル管と同等以上の耐摩耗性を有しています。

Q9. 耐劣化性は?

A9. 50年後の曲げ強さの推定値(38.7MPa)が設計値(12.8MPa)を上回ります。

Q10.繰り返し熱冷による物性への影響は?

A10.23℃⇔120℃の熱冷が繰り返しかかっても、物性に変化はありません。

Q11.施工後の流下能力は?

A11.内面が非常に滑らかに仕上がるため、粗度係数が改善され、更生前と同等以上の流下能力が確保できます。

Q12.施工中の異臭は?

A12.有機溶剤を材料に使用していないため,施工中の臭気対策や火災の心配がありません。住宅地等でも安心して施工可能です。

Q13.曲がり、段差への施工は?

A13.既設管きょの曲がり部や段差部でもシワの発生が少なく、管内面が滑らかに仕上がります。

Q14.施工時間、作業スペースは?

A14.樹脂を化学反応させ硬化させる時間が不要なため、短時間での施工が可能で、また施工機材もコンパクトで車載式のため、移動が早く、小さなスペースで施工可能です。

Q15.残材の処理は?

A15.施工中に発生する残材などは、塩ビ製のためリサイクルが可能です。

Q16.必要更生厚さの計算は?

A16.自立管は「管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン2017年版」準じて計算しています。
二層構造管(耐土圧・外水圧用)は「管きょ更生工法(二層構造管)技術資料」(公益財団法人 日本下水道新技術機構)に準じて計算しています。
二層構造管(耐外水圧用)はASTM F1216の最終設計式に準じて計算しています。

Q17.取付管工事を含め、施工が1日で完了しない場合どのような状態で作業を中断するのか?

A17.施工可能な延長距離(スパン)以内で、本管施工は完了します。
本管に取付管がある場合には仮穿孔を行い、住民側の生活排水は利用可能な状況にして解放します。穿孔の仕上げやマンホール際の端面処理は後日に施工します。

tel:045-506-1090