ホーム > EX工法 > EX工法【施工方法】(本管施工手順)

EX工法【施工方法】(本管施工手順)

施工方法 (本管施工手順)

icon-arrow-circle-right本管施工手順

1.事前準備
工事に必要なスペースを確保し車両を配置します。管きょ内を換気します。照明を設置します。必要に応じて施工区画を水替えします。
arrows2
2.施工前管きょ内洗浄
管きょ内面を高圧ジェットにて洗浄します。
arrows2
3.事前調査
施工の障害になるものがないか本管用カメラにより調査します。
arrows2
4.施工前事前処理
施工の障害になるものがある場合には、事前処理を行って、障害を取り除きます。※止水が必要な場合には処理を行います。
arrows2
5.EXパイプ予備加熱
EXパイプウォーマーにてEXパイプを蒸気と熱風で加熱・軟化させます。
arrows2
6.EXパイプ引込み
マンホールからEXパイプをワイヤーロープで管内に引込みます。
03_EXs
arrows2
7.治具取付
EXパイプ引込み後、管端を切断し拡径金具を取付けます。
arrows2
8.EXパイプ加熱・拡径・冷却
EXパイプ内に蒸気を送り込み、蒸気圧でEXパイプ温度と蒸気圧力を段階的に管理しながら加熱・加圧し、EXパイプを既設管に密着するまで拡径させます。EXパイプが既設管に密着した後、冷却用のエアーを送り込み、EXパイプを規定温度まで冷却します。 04_EXs
arrows2
9.管端仮切断
マンホール管口際では、150~200mm突き出した状態で更生管を仮切断します。
arrows2
10.取付管部穿孔
事前調査で確認した取付け管位置を本管側から穿孔機により穿孔します。
arrows2
11.本穿孔
arrows2
12.管端処理
管口仕上げ材によりマンホール内の管端の管口処理を行います。
06_EXs
arrows2
13.内面仕上り状況確認
施工後の仕上り状況を本管用カメラにて確認します。
標準占用作業帯

icon-arrow-circle-right本管施工時

 

tel:045-506-1090