住所:〒103-0025

東京都中央区日本橋茅場町2-2-2-303

電話 : 03-6806-7133

E-Mail : info@ex-danby.jp

ダンビー工法【概要】

概要

公益社団法人 日本下水道協会 Ⅱ類資器材 登録品
 
icon-arrow-circle-rightダンビー工法概要

ダンビー工法は、既設の管きょを非開削で効率的に更生する工法です。
まず、既設管きょ内面上部にスペーサーを設置します。その後、硬質塩化ビニル樹脂製の帯板(ストリップ)をマンホールから既設管きょ内に送り込み、管きょの内面にスパイラル状に巻き立てます。
次に、隣り合うストリップ間を接合用かん合部材(SFジョイナー)でかん合し、連続した管体(ストリップ管)を形成します。最後に、ストリップ管と既設管きょとの空隙に充てん材を注入することで、既設管きょと更生部材とが一体となった更生管(複合管)となり、高い強度と水密性を発揮します。さらに、溝部と伸縮部を併せ持つSFジョイナーを使用することにより、更生管は優れた耐震性能を発揮します。

 
icon-arrow-circle-right適用範囲

項目 円形 非円形
適用管種 鉄筋コンクリート管、その他管きょ一般
対象管の管径など 800~3000mm 短辺800mm以上
長辺3000mm以下
既設管状況 段差 最大100mm 最大100mm
屈曲角 標準ストリップ使用時 最大6° 最大3°
曲線用ストリップ使用時 最大12° 最大6°
曲がり 標準ストリップ使用時 曲率半径 20m 以上 曲率半径 50m 以上
曲線用ストリップ使用時 曲率半径 5DR 以上※ 曲率半径 10BR 以上※
抜け 最大150mm 最大150mm
下水供用下 水面中央部の流速:1.0m/s以下
水深:既設管径の30%以下かつ40cm以下

※D:既設管呼び径、B:既設管内幅

danby1_001

内径800mmから3000mmまでの中・大口径管きょ、また矩形きょ、馬蹄形きょなどもスピーディーに甦らせる工法として、信頼と実績を積み重ねています。

danby1_03 yajirushi danby1_04 yajirushi danby1_05
施工前 供用下での施工状況 施工後

 
icon-arrow-circle-right矩形きょの更生

danby1_06 yajirushi danby1_07
施工前 施工後

 
icon-arrow-circle-right馬蹄形きょの更生

danby1_08 yajirushi danby1_09
施工前 施工後